手のひらの上の家族

なぜバイオシミラー?

  1. 国民医療費軽減のために
  2. 公的支援制度維持のために
  3. 多くの患者さんにバイオ医薬品を届けるために

国民医療費軽減のために

日本の医療費は約43兆円(平成30年度)、そのうち約10兆円が薬剤費(平成30年度)で、年々増え続けています1)。その要因として、高齢化と医療の高度化があげられます2)。一方、ジェネリック医薬品が多く使われることにより、 医療費が減ったと報告されています2)。平成30年度現在、ジェネリック医薬品の普及率は約73%です3)が、バイオシミラーはジェネリックほど普及していません。
バイオシミラーは先行バイオ医薬品と同等/同質の品質、安全性、有効性を示す医薬品として厚生労働省の承認を得て提供されているお薬で、その薬価も先行バイオ医薬品の約7割となっていますので、バイオシミラーを使うことで、高騰し続けている1,4)国民医療費の軽減に貢献できると期待されています。 

厚生労働省保険局調査課:平成30年度医療費の動向

中医協 総-7 参考28.9.28:医療費の伸びの要因分解 

中医協 総-3-1 参考30.12.5:医療品価格調査速報値について

総務省:ICT超高齢社会構想会議報告書(平成25年5月)

バイオシミラーの薬価は、先行バイオ医薬品の約7割

公的支援制度維持のために

国や自治体が費用を負担する制度が公費医療(公的支援制度)5)で、この制度を支える公費も急速に増え続けています6)
バイオシミラーの普及が、高額療養費制度や指定難病医療費助成制度などの公的支援制度の維持に貢献できると期待されています6)

公費医療・難病医療ガイド 2019

山中 寿 他:最新医学72(4):625,2017

手のひらの上の家族

多くの患者さんにバイオ医薬品を届けるために

バイオ医薬品は、高度な技術や大規模な設備で製造され、品質を確かめるために今までの薬よりも多くの試験を行います。そのため、バイオ医薬品の薬価は、多くの薬よりも高くなっており7)、経済的な負担から、バイオ医薬品による治療が受けられない患者さんもいます8)
バイオシミラーにより一人でも多くの患者さんがバイオ医薬品による治療を受けられるようになる社会が求められています6)

山中 寿 他:最新医学72(4):625,2017

厚生労働省医政局経済課:バイオ医薬品・バイオシミラーを正しく理解していただくために(患者・一般の方向け)(平成31年2月)

日本リウマチ友の会:2015年リウマチ白書 リウマチ患者の実態<総合編>:31,94,2015

患者さん、家族、医師、看護師